在校生保護者の皆様へ

警報発表時の対応について

警報発表・交通機関不通時及び地震への対応について

1. 警報発表時について

  1. 全日授業の日で、奈良市に午前7時現在、暴風・大雨・洪水・大雪・暴風雪の警報が発表されている場合は、解除されるまで自宅で待機し、解除後はすみやかに登校する。
    ただし、午前10時までに警報が解除されない場合、その日は登校しない。
  2. 半日授業の日で、奈良市に午前7時現在、暴風・大雨・洪水・大雪・暴風雪の警報が発表されている場合、その日は登校しない。
  3. 自分の居住する市町村に暴風・大雨・洪水・大雪・暴風雪の警報が発表された場合も、上記1,2の規定に準ずる。
  4. テスト期間中に、以下の地域に上記の警報が発表された場合は、テスト日程を順延する。
※地域別または市町村別の報道を以下の地域区分と照会してください。
●奈良県北西部(または奈良県北部全域、奈良県全域)
*北西部:奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・生駒郡・磯城郡・高市郡・北葛城郡
●京都府山城中部または山城南部(または京都府南部全域、京都府全域)
*山城中部:宇治市・城陽市・八幡市・京田辺市・宇治田原町・井手町・久御山町
*山城南部:木津川市・精華町・和束町・笠置町・南山城村

2. 交通機関不通時について

  1. 普段の通学に利用する交通機関が事故、ストライキ等で不通の場合は、他の交通機関を利用してできるだけ登校するようにする。
  2. 全日授業の日で、交通機関が不通のためやむをえず登校できない場合は、開通するまで自宅で待機し、開通後はすみやかに登校する。ただし、午前10時までに開通しない場合は、その日は登校しなくてもよい。
  3. 半日授業の日で、交通機関が不通のためやむをえず登校できない場合、その日は登校しなくてもよい。

3. 地震発生時について

  1. 登下校中に大きな地震が発生した場合は、安全な場所に一時避難し、通学路の安全に注意し、自宅に近い場合は帰宅し、学校に近い場合は学校に避難させてください。
  2. 授業中に大きな地震が発生した場合は、全ての教育活動を中止し、安全な場所に避難させます。
  3. 登校した生徒は、校内に受け入れて安全確保を図り、地震が震度5弱以上の場合は、通学路の安全や交通手段の確保等の確認後、一斉下校させます。
  4. このとき、通学路の安全が確認されない場合や交通手段が確保されない場合は学校での避難を継続し、安全確認と交通手段の確保が確認でき次第、順次下校させます。
    また、必要に応じて保護者の迎えを依頼する場合もあります。
    【震度5弱以上の地震が「奈良市」に発生した場合 】
    ◆正午までに発生した場合 → 当日を臨時休業とします。
    ◆正午以降に発生した場合 → 当日及び翌日を臨時休業とします。
    【震度5弱以上の地震が「居住地」(奈良市以外)に発生した場合】
    ◆正午までに発生した場合 → 当日は登校しなくてもよいものとします。
    ◆正午以降に発生した場合 → 当日及び翌日は登校しなくてもよいものとします。
    ※登校している場合は、状況に応じて、学校待機か下校かを判断します。
    【地震の震度が4以下の場合】
    ※校内で活動中の場合は、必要に応じて安全な場所に避難させ、校舎内外の安全を確認したのち、平常通り授業を行います。
    ※また、通学路の安全や交通手段の確保等を確認したのち、通常の下校時間に下校させます。
    ※なお、震度の大きさに関係なく、被害やその恐れに応じて対応します。

4.出欠席の取り扱いについて

個別の状況により配慮するものとする。